サラリーマンが富裕層を目指してみた

28歳サラリーマンが富裕層(金融資産1億円超)を目指し活動します

インデックス投資は”2100年”以降衰退する

難破船, ボート, 座礁した, 海岸, 海, 神秘主義, 夜, 霧, オーシャン, 船, 出荷, 湖, 船旅

こんばんは。

自分自身インデックス投資をしておきながらなんですが、タイトルの通りインデックス投資は”2100年”以降衰退していくと思っています。(=利益が下降傾向になる)

逆に言うとそれ以前は衰退すると思っていないので、今インデックス投資をしているわけです。

※ここでのインデックス投資は株式を指しています。

-------------------------------------------------------

 

-------------------------------------------------------

インデックス投資で利益を手に入れるには

※こういったスケールの大きな話は細部を気にしても意味ないと思っているので、かなり単純化して語ります。

インデックス投資は投資先の国などは違えど株式市場全体への投資といえます。

要は個別株の株価の集合体であり、個別株の株価が上がってくれないと利益は手に入りません。

株価が上がるには

株価は長期的にはその企業が”儲ける力”で決まります。

なので”儲ける力”に比例して、株価は上下します。

ではその”儲け”とはどこから来ているのでしょうか。

これは人から来ています。他人がお金を払うから儲けることができるわけです。

つまり”儲け”とは下記のように表せます。

 儲け=他人の支払い額×支払う人数

ここまで話すと、私がなぜ「インデックス投資は”2100年”以降衰退していく」と思っているのか、察した方もいるかと思います。

儲けはいつまで増えるのか

ここまでを整理します。

  1. インデックス投資は個別株の株価が上がらないと利益がでない
  2. 個別株の株価が上がるには儲けが増える必要がある
  3. 儲けが増えるには「他人の支払い額」or「支払う人数」が増える必要がある

で、「他人の支払い額」が増えるのかは正直分かりません。

全世界の人々の所得が増えれば当然「他人の支払い額」が増えます。

でもこれは予測不能でしょう。

今より所得は増えるように思うけど、全世界の人が2020年現在の日本やアメリカ並みの所得を手にすることがあるか、というと・・・分からない。。。

 

では「支払う人数」はどうでしょうか?「支払う人数」=「人口」ですね。

-------------------------------------------------------

 

-------------------------------------------------------

世界の人口推移は?

国連が推計してくれています。

世界人口の増大が鈍化、2050年に97億人に達した後、 2100年頃に110億人で頭打ちか

リンクタイトルの通りですが、2100年頃に110億人でピークアウト。以降は人口減少です。

これが私が「インデックス投資は”2100年”以降衰退していく」と思っている理由です。

  1. 人口が減れば、儲けが減る。
  2. 儲けが減れば、個別株の株価が下がる
  3. 個別株の株価が下がれば、インデックス投資も利益がでない

じゃあインデックス投資って止めた方がいいの?

と、ここまでインデックス投資に対してネガティブなことを書いてしまいました。

が、「他人の支払い額」が増えれば人口が減っても株価は上がるでしょうし、そもそも国連の人口推計が正確な訳でもないです。

また見方を変えれば、2100年までは大丈夫(自分が生きている間は大丈夫)、という風にも捉えられます。

長期投資の心積もりでインデックス投資をしていても、ついつい短期的な目線になってしまうことも多いと思います。

今回はあえて超長期的な時間軸でインデックス投資を考えてみました。

人口がまだまだピークアウトしないということで、個人的にはインデックス投資の信頼度が上がりましたが、皆さんはいかがでしたでしょうか?

-------------------------------------------------------

 

-------------------------------------------------------

ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

Betmob|投資家ブログまとめメディア