サラリーマンが富裕層を目指してみた

28歳サラリーマンが富裕層(金融資産1億円超)を目指し活動します

株価下落時に備えて現金は持つべきか?

f:id:upward1:20200327222949p:plain

「株価下落時に追加投資をすることで長期投資の効率が高まる。だから追加投資用の現金を持っておこう」

このようなメッセージをインデックス投資を調べる中で何度か見ました。

ちょっと検証してみたいと思います。

検証

  • 投資額は1000万の前提
  • 下落率×追加投資額 の組み合わせで株価が元に戻った際のリターンを計算

f:id:upward1:20200221001902p:plain

下落率×追加投資額

上記見てどう感じますか?

私は正直あまりメリットを感じられませんでした。

追加投資枠を20~30%(200~300万)もキープしておくことに個人的には無駄を感じてしまいます。なので追加投資枠を10%とすると、下落率が30%に達した時点で全額追加投資できたとしても(絶対にそんなナイストレード無理ですがw)、資産へのインパクトは3%です。

それならば追加投資枠を設けずに即座に投資に回した方がリターンが期待できるのではないでしょうか。

 

結論

私は株価下落時に備えて現金を持つメリットを感じられませんでしたので、気にせず月々投資しようと思います。

「株価下落時に備えて現金を持つ」ではなく、

「株価下落時に現金を持っていたら積極的に買う」

なのかなと。

アセットアロケーション上、現金比率が高い投資家が買うのであって、そうでないならあえて狙うものではないかと。

Betmob|投資家ブログまとめメディア